スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『すす斑病』

今年発生している病気の「すす斑病」
PAP_0106-11-24.jpg
黒い(茶色く見える)斑点があります。
この病気は夏に雨が多く、湿気が多いと発生しやすいようです。
9月まできちんと農薬散布を行えば発生を抑える・被害を少なくすることは可能なようです。
これは、このまま皮をむいて召し上がっていただいても健康上全く問題はありません。
すす斑病がついてしまったからといって、食味・食感が変わる(悪くなる)こともありません。

ただ、見た目は悪いですよね。
この斑点は、濡れた布巾やウェットティッシュで落ちます。
ウェットティッシュで拭いてみました。
PAP_0105-11-24.jpg
このように簡単に落ちます。

無袋で農薬を減らして栽培していると、病気や害虫の発生はある程度は仕方がありません。
先々週、直売所に来られたお客様に
「何だこのこきたねえ(小汚い)色は。これでは商品価値はねえ(商品価値がない)」
と言われました。
初めて来園された方でしたが、そのように言われ母が
「うちは農薬を減らしているんです。他だと農薬をしっかりかけて、きれいなものを売っているところもありますよ。」
と答えていました。
このような言い方をすると、強気だなとか上から目線だなと思われるかもしれませんが、お客様が求めていらっしゃるものを当園では提供できないために、このようにお答えするしかないのです。

同じ日だったか翌日に弟も初めてお見えになったお客様に
「つるっとした、きれいなものはないの?」
と言われて
「う~ん・・・・・そういうのは、うちにはないです」
とお答えしたそうです。

わが家で”つるっとした、きれいな”りんごというのは、ほぼ『青子』といわれる未成熟果になるからです。
当園では『青子』は選別作業の際に外して、お客様に「これはこのまま食べても美味しくないので、煮るかジャムにして食べてください」と、おまけとして差し上げることはあります。
(『青子』については、以前書いた記事がありますので、こちらをご覧ください。)
気を使う方への贈答用のため、見た目を気にされることはあると思います。
ただ当園のポリシーとして、見た目が良いからと言って味の落ちる『青子』を販売することはしておりません。
そうなるとやはり母が言ったようにお答えするしかありません。


『大きくて、つるっとしていて艶があって、りんごのおしりまで真っ赤で、蜜がた~っぷり入ったりんご』が、必ずしも美味しいとは限りません。
もちろん、美味しくないとも限りませんけど・・(美味しいものもあると思います)
(↑これと同じようなことを毎年書いている気がする
でも、半分素人の私がわが家のりんごの中から選ぶとしたら、肌がガサガサしていて、地肌が黄色くなっているものを選びます。
なぜなら、それを選べばまず『青子』ではないから(笑)


弟「『美味しいものを』って言われたら、選ぶことはできるんだけどな・・
スポンサーサイト

『ひめかみ』の収穫始まりました

13日(日)から『ひめかみ』の収穫が始まりました。

『ひめかみ』
PAP_0102-20150914.jpg

PAP_0101-20150914.jpg

面長で、酸味のあるのが特徴です。
・・のはずですが、母曰く「今年は酸味が弱いような気がする・・」
私は酸っぱいのは好きじゃないので(笑)、ひめかみはあまりというかほとんど食べないので分からないんですけどね

この後は、10月上旬頃に『清明(せいめい)』がでてくる予定です。

『ジョナゴールド』は色がついてきました。
PAP_0098-20150914.jpg


りん様
コメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ありません
そしてブログ休眠状態で申し訳ありませんでした(苦笑)
桃の件、りんごの件、諸々ありがとうございます
りんごの件について、母にも伝えました。
いつも色々とお心遣いをいただきありがとうございますm(__)m

収穫時期は早めか??

雨が続いております。
雨だと写真も撮りづらく今日も写真はなしですm(__)m

今年は桃の出来上がりが例年より1週間くらい早かったのですが、りんごも全体的ではないかもしれませんが、『ひめかみ』の収穫は早いようです。
もしかすると今週末頃には収穫できるかも??

母が今日電話で問合せのあったお客様に「お彼岸頃には出ると思います」とお伝えしたばかりだったのですが、夕方戻った父が「今週末くらいには採れんじゃねぇか?」なんて言うんです!
母「今日電話くれたお客さんが来てくれる頃にはもう『ひめかみ』終わってるんじゃそういうことは早く言ってよ
という、いつものわが家の意思疎通の悪さ(←分かってるなら直せ!って)が・・・
原因はほぼ父にあると私は思ってますが、本人に言うと不貞腐れるので言えません(苦笑)

思った以上に・・・

お久しぶりでございます。。。
ハイ・・怠けておりました!

2014年の最終日31日までりんごをお買い求めいただき、年が明けた2015年は2日からまたお客様が来園してくださいました。
昨年のシーズン当初は裏年でりんごが少ないと言っていましたが、蓋を開けてみたら例年に比べて選果したときの”はねもの”りんごが少なかったため、いつもは贈答用のりんごがなかなか貯まらなくて苦労するところが逆に家庭用として直売所で販売するりんごが出てこなくて苦労するという、今までに無い贅沢な悩みに頭を抱えていました。
いつもは多い”ツル割れ”するりんごが昨年は少なかったのが一番の原因のようです。
年が明けても販売できるりんごがあるということは、喜んでいいのかそれとも昨年中に売り切ることができなかったと悲しむべきか・・・
それぞれの生産者によって考え方は様々だと思いますが、『年が明けても売るりんごがあるのは嬉しいねぇ』というのがわが家の見解です。
本当は早く売り切れてしまったほうがいいとは思うのですが、今年になって来られたお客様に「まだりんごがあって良かったぁ」と言っていただいたりするとやっぱり嬉しいです。
しかし、今年(今シーズン)はもう終了となります。
当園のりんごをお買い上げいただきましたお客様には心から感謝申し上げますm(__)m
また今年の秋に”美味しい”と言っていただけるりんごを収穫できるように頑張ってりんごの樹のお世話をして参ります・・・何度も言いますが、私ではなくわが家の”職人さん達が”です(笑)

さて、タイトルに書いた『思った以上に・・・』というのはですね、こちらです。
DSC05709-1-21.jpg
”陽光(ようこう)”です。
実はこれ、いつだったかはっきり覚えていないのですが、10月下旬から11月上旬だったと思いますが、父が間違えて1箱余分に陽光を箱詰めしてしまいました。
そして、それをず~~~っと、今まで蓋を開けることなく置きっ放しにしておりました。
その間この箱は、このようにわが家の猫達の爪とぎに使われていました。
DSC05713-1-21.jpg
ボロボロです(苦笑)。
先週末、箱を開けてみたところ結構大丈夫そう。
お客様にも陽光は日持ちがしますとお伝えしておりましたが、思った以上でした。

ただし、近くに寄ってみると・・・
DSC05703-1-21.jpg
水分が抜けてしわしわになっていました
でも、食べても結構いける 私は大丈夫!果肉はポコポコするけど(笑)
捨てるのももったいないので、ジャムにしました。
DSC05716-1-22.jpg
陽光は煮ているときに煮崩れしやすいので、ジャムに向いているかもしれません。

やっぱり”大玉”??

毎年聞かれるのが、

「大きいほうが美味しいんでしょう?」

初めて当園に来られた方に聞かれることが多いようです。

以前も書いたことがありましたが、味の良し悪しは大きさでは判断できません。
大きかろうが小さかろうが、仕上がりがよく美味しいものは美味しいし、美味しくないものは美味しくない!
ただ『サンふじ』について言えば、大きいものよりも小さいほうが実が硬く酸味が強いものが多い傾向があるといえばあると思います。
(でも品種によってそれぞれその傾向が微妙に違ったりするので、これまた難しい。)

『(サンふじについて)お勧めは何だ!?』と聞かれ、あえてお答えするとしたら、
実が硬いほうが好きな方には、小さいもの。
酸味があまりないほうが好きな方には、大きいもの。
いっぺんに沢山は食べられない方、お子さんがいて家族が多いという方には、小さいもの。
どなたかに差し上げる方(見栄え重視の場合)には、大きいもの。
長期間保存して食べたい方には、小さいもの。
をお勧めしたい

さらに、年が明けてからも保存しておいて食べたいという方には、蜜の入っていないもののほうがお勧めです。
これも前に書いたことがありますが、長く置くと蜜が黒くなってきてしまうことがあるからです。
以前書いた記事はこちらです。興味のある方はどうぞ。

そして私のように、実は柔らかめ酸味が無いほうがいいという方には、大きいほうがお勧めです(笑)
※注意
大きいから酸味が無いと油断したらダメです。
大きくても酸味が強いときもあるので要注意(笑)
現在販売中
★陽光
★清明
★シナノスイート
収穫予定
11月中旬
★名月
★あいかの香り
11月下旬
★はるか
12月
★サンふじ
プロフィール

mogcat

Author:mogcat
なぜ農業に携わっていない私が!?
農家の娘による
《農作業観察記》

カテゴリ
カレンダー&アーカイブ
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カウンター
当園所在地
住所:福島県相馬郡新地町
   谷地小屋字南狼沢393-1
電話:0244-62-4343
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。