FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年も最終日

”りん”様。コメントありがとうございます。わが家の猫たちもこたつに入ってます。こたつに入れない子は、私や母の布団にもぐりこんできます(^_^;)


震災後の混乱と不安の年が明けて、今年はどんな年になるのか、どうなっていくのかなどと考えているうちに”あっ”という間に1年が過ぎてしまいました。

今年1年を振り返って一言でいうと「落ち着かない」年だったような気がします
ほとんどのことが後手後手で、落ち着いて仕事をこなすことができなかった1年でした。
まぁ、いつもそんな感じなのですが今年は特にひどかった気がする。。
私たち自身が苦労する分には自業自得なので構いませんが、お客様や周りの方にご迷惑をお掛けしたこともあったりしたので、反省しなければなりません。


昨年は例年にない豊作の年だったのですが、福島第一原発事故のために注文が激減したため、病害虫被害もなく、わが家のりんごにしては大玉のものも多かったにもかかわらず、残ってしまった大量のりんごは畑に返すしかありませんでした。
今年は昨年の豊作の影響で裏年となり、りんごの収量が減ってしまったところに、カメムシやヤガ等の虫の被害も重なり被害果も合わせなければ対応できない状況となってしまいました。
ご注文いただいたお客様に多大なご迷惑をお掛けすることとなってしまったことお詫び申し上げます。

わが家で一番最初に収穫を迎える【さんさ】と一番の主力品種である【サンふじ】の被害が最も酷く、【さんさ】は全滅、【サンふじ】は被害がないものが全体の2割程度という結果となってしまいました(【さんさ】と【サンふじ】以外は比較的被害は少なかったのですが・・)。
【サンふじ】のご注文をいただいていたお客様に、カメムシなどの被害果も入れなければ対応できないため、注文を断られる覚悟でご連絡を差し上げたところ、ほとんどのお客様にそれでも構わないとおっしゃっていただいたこと、心より感謝申し上げます。

できるだけ農薬を減らし、りんごの樹にも人にも薬の影響の少ないもの、そして美味しいと言っていただけるものをと思い二十数年掛けて、この土地で父と母がりんごを育て、お客様との関係を築いてきました。
農薬を減らすということは、毎年安定した収量を上げることが難しくなるというリスクを抱えることになります。
今年もきちんと農薬をかけていれば、ここまで虫の被害が拡大することはなかったはずです。
実際、しっかりと農薬をかけた方は被害はなかったそうです(ご自分でそうおっしゃっていたので間違いはないと思います)。
自然を相手にしている農業は、ただでさえ気候に左右されます。
春の花が咲くころに霜が降りると花芽を痛めてしまうため、春には霜の心配をし、夏になれば梅雨が長引かないか、雨が降らず水不足にならないか、晩夏から秋にかけては台風がこないかなど、1年を通して気候の心配をしなければなりません。
この気候の影響と農薬を減らすリスクについては、ある程度覚悟していることです。
ただ、今年は気候の影響はほとんどなかったものの、農薬を減らした影響が今までになく大きく響いてしまいました。

このような年であったにもかかわらず、変わらずにりんごをご注文いただいた皆様、本当にありがとうございました。
そして、昨年から引き続きご支援いただいた生活クラブの皆様、今年もありがとうございました。
また野菜を送っていただいた千葉の有機ネットの皆様、今年も美味しい野菜を沢山ありがとうざいました。


今年最後の畑の写真です。
DSC03491k.jpg
今朝はとても天気が良かったです。

夕方、母と買い物に行った時に車の中で
私「今年1年振り返って何かある?ブログに書くから。」
と聞いたところ、
母「(車の助手席から後ろを振り返って)何もないよ。」
私「・・・
まじめに聞いたんですけど

さて、今年も残すところ30分。
明日は、元旦登山です。早く寝なくちゃ!!

皆様、よいお年をお迎えください<(_ _)>
スポンサーサイト
現在販売中
★陽光
★清明
★シナノスイート
収穫予定
11月中旬
★名月
★あいかの香り
11月下旬
★はるか
12月
★サンふじ
プロフィール

mogcat

Author:mogcat
なぜ農業に携わっていない私が!?
農家の娘による
《農作業観察記》

カテゴリ
カレンダー&アーカイブ
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
カウンター
当園所在地
住所:福島県相馬郡新地町
   谷地小屋字南狼沢393-1
電話:0244-62-4343
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。