FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『すす斑病』

今年発生している病気の「すす斑病」
PAP_0106-11-24.jpg
黒い(茶色く見える)斑点があります。
この病気は夏に雨が多く、湿気が多いと発生しやすいようです。
9月まできちんと農薬散布を行えば発生を抑える・被害を少なくすることは可能なようです。
これは、このまま皮をむいて召し上がっていただいても健康上全く問題はありません。
すす斑病がついてしまったからといって、食味・食感が変わる(悪くなる)こともありません。

ただ、見た目は悪いですよね。
この斑点は、濡れた布巾やウェットティッシュで落ちます。
ウェットティッシュで拭いてみました。
PAP_0105-11-24.jpg
このように簡単に落ちます。

無袋で農薬を減らして栽培していると、病気や害虫の発生はある程度は仕方がありません。
先々週、直売所に来られたお客様に
「何だこのこきたねえ(小汚い)色は。これでは商品価値はねえ(商品価値がない)」
と言われました。
初めて来園された方でしたが、そのように言われ母が
「うちは農薬を減らしているんです。他だと農薬をしっかりかけて、きれいなものを売っているところもありますよ。」
と答えていました。
このような言い方をすると、強気だなとか上から目線だなと思われるかもしれませんが、お客様が求めていらっしゃるものを当園では提供できないために、このようにお答えするしかないのです。

同じ日だったか翌日に弟も初めてお見えになったお客様に
「つるっとした、きれいなものはないの?」
と言われて
「う~ん・・・・・そういうのは、うちにはないです」
とお答えしたそうです。

わが家で”つるっとした、きれいな”りんごというのは、ほぼ『青子』といわれる未成熟果になるからです。
当園では『青子』は選別作業の際に外して、お客様に「これはこのまま食べても美味しくないので、煮るかジャムにして食べてください」と、おまけとして差し上げることはあります。
(『青子』については、以前書いた記事がありますので、こちらをご覧ください。)
気を使う方への贈答用のため、見た目を気にされることはあると思います。
ただ当園のポリシーとして、見た目が良いからと言って味の落ちる『青子』を販売することはしておりません。
そうなるとやはり母が言ったようにお答えするしかありません。


『大きくて、つるっとしていて艶があって、りんごのおしりまで真っ赤で、蜜がた~っぷり入ったりんご』が、必ずしも美味しいとは限りません。
もちろん、美味しくないとも限りませんけど・・(美味しいものもあると思います)
(↑これと同じようなことを毎年書いている気がする
でも、半分素人の私がわが家のりんごの中から選ぶとしたら、肌がガサガサしていて、地肌が黄色くなっているものを選びます。
なぜなら、それを選べばまず『青子』ではないから(笑)


弟「『美味しいものを』って言われたら、選ぶことはできるんだけどな・・
スポンサーサイト
現在販売中
★陽光
★清明
★シナノスイート
収穫予定
11月中旬
★名月
★あいかの香り
11月下旬
★はるか
12月
★サンふじ
プロフィール

mogcat

Author:mogcat
なぜ農業に携わっていない私が!?
農家の娘による
《農作業観察記》

カテゴリ
カレンダー&アーカイブ
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カウンター
当園所在地
住所:福島県相馬郡新地町
   谷地小屋字南狼沢393-1
電話:0244-62-4343
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。